採用情報

先輩社員へインタビュー(疋田 雅士)

商品本部セントラル キッチン

疋田 雅士

入社したキッカケは?
私が入社したきっかけは、ある合同説明会でなにやら活気あふれるブースを見つけたことです。食品関係やお惣菜などまったくわからなかったけどすごく幸せそうに仕事を語り、本気で楽しそうにしていたので、このクック・チャムに入りたいと思いました。
現在の仕事とやりがい
九州キッチンで3年間働いたことを活かしながら、現在はクックチャムマイシャンスで※利用者の方とパン粉付けなどの作業をしたりしています。そのほかに作業がスムーズにいくために日々工程を考えたり、最近では5Sに力を入れて作業面、衛生面でも改善をしていき工場全体のレベルアップにつながることをしています。 やりがいは、作業自体は単純なのでいかに早く終わらせ、常に先をみて行動して考える面白さと人間的に成長をしていく場所なので、利用者の方の夢を叶えるべく日々共に作業をし、その中で成長していくところを実感できるところが一番のやりがいだと思います。
今までの仕事の中で一番楽しかった事
毎日がいつもチャレンジで、新しいことをチームでやってみたりと、皆で創意工夫をしているので飽きがありません。私の中では一番『楽しかった』ではなく毎日が一番『楽しい』と感じています。お客様にいいものを提供するために考え、そして常に皆が一緒の目標を持ってその目標に突き進んでいます。その中での『一体感』が最高です。
今までの仕事で一番辛かった事や失敗などありましたか?
フェアの日などは事務所の方やマネージャーの方など、様々な方がキッチンでの作業を手伝ってくれます。作業する人数も多いので緻密に作業工程を考えるのですが、工程上にミスがあり作業自体が遅くなったりして周りに迷惑をかけてしまったことがありました。その時は申し訳ない気持ちでいっぱいでなんとかカバーをしようと必死に作業していましたが、『大丈夫。一緒にやっていこう。頑張ろう。』と先輩や周りの方達に声をかけてもらいました。 どんな失敗でも必ず周りの社員やパートナーさんが支えてくれるから失敗を乗り越えることができ、今の自分がいると思います。
これからの夢(野望)はなんですか?
地元が山口県下関市なのですが、自分が子供の頃と比べて町に活気が減ってきています。大変寂しいことなので、クック・チャムを通じて故郷に活気を取り戻したいと思っています。 それが現在の『野望』です。 ※A型事業部のサービスを利用している障害者の方々のこと

choice!プラスシーは自分の希望に合った
キャリアプランを選択できます。