採用情報

先輩社員へインタビュー(寺嶋 一哲)

人材開発室採用担当

寺嶋 一哲

入社したキッカケは?
色々な業界、大手・中小企業を見た中でクック・チャムに入社を決めたのは、「自分が一番成長できる会社」だと思い、選びました。「大企業の歯車になるか、中小企業のエンジンになるか」「大手の3年とクック・チャムでの3年。大変かもしれないけど、成長するのはクック・チャム」というクックチャムプラスシー竹下社長の言葉で今、僕はココにいます。プラスシーの「チャレンジ」とそれに伴う「成長」というキーワードが響きました。
現在の仕事とやりがい
人財開発部・新卒採用責任者として、合同会社説明会から単独説明会・各選考・内定・入社までの運営と学生さんのサポートを行います。 学生さんにとって「内定をとる為の就職活動」ではなく、「自分に合った仕事(会社)」に出会う為の就職活動を応援します。 その中でクックチャムプラスシーの魅力を伝えると共にクック・チャムの理念やプラスシーの仕事感・考え方に合う人財を探す事が私の使命です。 また、プラスシーの選考を通じて「仕事」の意味や「なりたい自分」・「働く意味」などを見つめ直す中で学生のみなさんの気づきや成長に触れた時に喜びとやりがいを感じます。
今までの仕事の中で一番楽しかった事
毎年、新卒メンバーが中心となって会社全体の1年を振り返る「事業発展計画発表会」という式典があります。 その式典を作り上げるために通常の店舗やキッチンの業務と並行して行う為、大変な事も多くありますが、1つ1つの舞台や映像・演出などにこだわりプラスシーの全員を「おもてなし」する気持ちに溢れています。 とても大変ですが、みんなで考え、形にする事。そして当日その式典で笑い、涙しているみんなの顔を見れた時が一番嬉しく、最幸の瞬間です。
今までの仕事で一番辛かった事や失敗などありましたか?
店長と人財開発部を兼任中、お花見用のお弁当注文を受けた時の事。副店長にそのお弁当を任せて新卒採用の説明会に向かいました。しかしお店に戻ってみると、弁当の製造が全く間に合っておらず、結果的に配達を含めて30分の納品遅れをしてしまいました。 幸い真摯に謝罪することで事なきを得ましたが、お客様に多大な迷惑をおかけした事がとてもツラく、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。 店舗の業務を仲間にお願いする事で自分は採用という仕事に行かせてもらっていたこと。行かせもらうからには、しっかりとした確認・引き継ぎを行えていない事を反省し、綿密な引き継ぎ確認を行っています。
これからの夢(野望)はなんですか?
学生が就職したい企業ランキング1位を目指して日本一!! クック・チャムの安心で安全な「食」で子ども達の未来を作る。(保育園や学校を作る?) 「OKAZU」を武器に海外出店!世界にクック・チャムを!!!というのも面白いですね。 1年経てば違う夢を描いているかもしれません。でもきっとクックチャムプラスシーはそんな夢を自由に描ける会社です。

choice!プラスシーは自分の希望に合った
キャリアプランを選択できます。