採用情報

先輩社員へインタビュー(江崎 久美)

FC管理部FCオーナー

江崎 久美

入社したキッカケは?
私は、九州3店舗めの出店、春日天神山店オープンニングスタッフの募集を見て応募し、エリア社員として採用していただいたのがクックチャムとの出会いです。募集を見た時、「路面店のお惣菜やさんって、どんなお店なのだろう」と想像も出来なかったのですが、期待で胸いっぱいだった事を今でも覚えています。そして、その求人を見たことが私の人生を大きく変えることになるとは夢にも思っていませんでした。
現在の仕事とやりがい
私はエリア社員として入社しましたが、その後正社員として採用して頂き、それからは数店舗の店長を経験し、昨年12月に入社当初からの夢だった社員独立を実現しました。独立へ向けての研修を受けさせて頂いたり独立の際にはクックチャムプラスシーの社長を初め、沢山の方々の力を頂き夢の実現に至りました。今はクックチャム長丘店という一つのお店の主としてお店を経営しています。実際にお金を動かしたり、外部とのやり取りなど、いち店長以外の仕事も増えましたが商売感がリアルになってワクワク、ドキドキの日々を送っています。 お客様がどんな商品を喜んでるのか、欲しがってるのかと考える真剣度が独立前とは比べられないほど上がった事とか、儲かる商品を考え、作って、それが売れていくのを見て、やったーと仲間と一緒に喜び、商売っておもしろーいって楽しんでいます。 真剣勝負の決断も、大変なことも有りますが今クックチャムのFC店をやらせて頂いている事に毎日心から感謝しつつ、お客様へ間違いなく美味しいものを食べて頂けるように全力でいること、それには絶対に手を抜かない事、それが私の仕事ポリシーです。
今までの仕事の中で一番楽しかった事
楽しかった思い出は、1~2年前春日天神山店で、ある事がきっかけで奮起して売上を上げるぞと決めた時のこと、決めてふと気がつくと、みんながピッタリ付いて来てくれていた。そして気がつけば、みんなが一つになっていました。だから勿論売上もすぐに上がりました。何より毎日が楽しくて楽しくて仕事に来ている感じではなく、友達に会いに学校に来てる感じでしょうか。毎日疲れなくて、心が健康だと体も健康になる事を学びました。これから一緒に働く仲間みんなに、そんな気持ちで居てもらえる様なお店づくりをして行きたいと思います。
今までの仕事で一番辛かった事や失敗などありましたか?
辛かった思い出は、ある店舗で大きな赤字を出し続けていた事です。藤田社長の赤字は悪だ!の名言を毎日何度も思い出し、どうしたら良いのか悩み、何をやっても結果にはつながらず苦しいだけでした。そして苦しく、楽しくないのは私だけではなく、一緒に働く仲間も同じで本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。とは言っても店の前は某スーパーを目指して大賑わいです。一生懸命作った美味しいおかずやお弁当がこんなにいっぱいあるのに人は通り過ぎていくだけでした。唐揚げ1個、コロッケ1個でもいいから買ってみてください本当に美味しいですよって、その思いだけで叫び鐘をならした。みんなで毎日毎日、大きな声で叫び鐘をふりつづけた、入って来てくれないならと声をかけながら外で売った。何の店だろうと振り向いてくれて少しづつ入ってきてくれて確実に売上は上がり、みんなで喜ぶことが出来ました。でも黒字化などとは程遠いものでしたが、あの時の私達には必要なことだったと今も信じています。
これからの夢(野望)はなんですか?
独立し株式会社富貴という会社を設立しました。せっかくなので、これから上へ上へ伸び、先を行く会社であり続けられるよう勉強し努力していきます、そしてその先に2店舗3店舗などと、むかっていければ掴んでみたいです。

choice!プラスシーは自分の希望に合った
キャリアプランを選択できます。